本ページはプロモーションが含まれています。

SCD-S1PとSCD-L1Pの違いを比較!特長は?アイリスオーヤマ充電式サイクロンスティッククリーナーdaspo(ダスポ)

家電

 

SCD-S1PとSCD-L1Pの違いをご紹介します。

SCD-S1Pは2022年10月発売のアイリスオーヤマ充電式サイクロンスティッククリーナー「daspo(ダスポ)」になります。

SCD-L1Pは2021年5月発売の旧モデルになります。

 

今回は

  • SCD-S1PとSCD-L1Pの違い
  • SCD-S1PとSCD-L1Pの特長
  • SCD-S1PとSCD-L1Pのスペック

をお届けします。

 

SCD-S1Pはこちら

 

SCD-L1Pはこちら

 

SCD-S1PとSCD-L1Pの違い

大きさと重さ

SCD-S1P(新モデル)とSCD-L1Pは、大きさと重さに違いがあります。

 

大きさの違い

◆本体(フロアヘッド・延長パイプ含む)

  • SCD-S1P・・・幅259mm×奥行275mm×高さ980mm
  • SCD-L1P・・・幅224mm×奥行235mm×高さ1035mm

新モデルは幅と奥行きが少し大きくなっており、高さが55mm低くなっています。

 

◆充電スタンド設置時

  • SCD-S1P・・・幅275mm×奥行288mm×高さ1041mm
  • SCD-L1P・・・幅257mm×奥行232mm×高さ1092mm

となります。

 

重さの違い

◆本体のみ

  • SCD-S1P・・・1.3㎏
  • SCD-L1P・・・0.9㎏

 

◆フロアヘッド・延長パイプ・バッテリー含んだ場合

  • SCD-S1P・・・1.9㎏
  • SCD-L1P・・・1.4㎏

 

SCD-S1P(新モデル)が少し重くなっています。

これは吸引力を上げたことでバッテリーを変更したためです。

 

SCD-S1Pはこちら

 

SCD-L1Pはこちら

 

ダストポケット搭載のちりとりヘッド

SCD-S1Pの新モデルは、ヘッド部分にダストポケットが搭載されています。

「ちりとりモード」という機能では、ダストポケットに一時的にゴミを溜めておくことが出来ます。

ちょっと掃除したい時など、モーターを動かさずにヘッドの回転ブラシのみが作動して、ゴミを集めてくれます。

吸引しないので排気はしませんし、大きな音を立てたくない時に便利です。

 

 

自動と手動のクリーンモード

ちりとりモードで集めたゴミは、スタンド設置時に吸引をしてダストポケットをキレイにしてくれます。

自動クリーンモードでは、スタンドに掃除機を立てかけると自動で吸引します。

手動クリーンモードは、自分のタイミングで「ちりとりボタン」を押して吸引します。

普段は自動クリーンモードにしておいて、音を立てたくない夜などは手動クリーンモードにしておき、翌朝に吸引するなどの使い分けが可能です。

 

 

SCD-S1Pはこちら

 

SCD-L1Pはこちら

 

吸引力のアップ

SCD-S1Pの新モデルは、SCD-L1Pと比較して吸引力が約2.5倍になっています。

バッテリーを1,900mAhから2500mAhへ変更したことでパワーアップしています。

 

 

ヘッドにLEDライトを搭載

SCD-S1Pのヘッドには、LEDライトが搭載されています。

ライトが前を照らしてくれるので、すき間のゴミや小さなほこりも逃さず吸引することが出来ます。

 

 

SCD-S1Pはこちら

 

SCD-L1Pはこちら

 

SCD-S1PとSCD-L1Pの特長

静電モップクリーンシステム

SCD-S1PとSCD-L1Pの本体には収納ポケットがあり、モップが備えつけられています。

 

ほこりの掃除には大活躍!

静電気がほこりを吸着してくれます。

 

使用後はクリーナーでほこりを吸引し、繰り返しの使用が可能です。

 

ほこり感知センサーを搭載

ゴミの量に合わせて、吸引力を自動で調整します。

自動調整をすることで、バッテリーの消費を抑えて、長時間の運転を可能にしています。

 

 

付属のアタッチメント

SCD-S1PとSCD-L1Pは、同じアタッチメントが付属されています。

 

 

SCD-S1Pはこちら

 

SCD-L1Pはこちら

 

SCD-S1PとSCD-L1Pのスペック

モデルSCD-S1PSCD-L1P
最大容積0.3L0.3L
連続使用時間
ターボ
約9分約8分
標準約17分約15分
自動約35分約22分
ちりとり約120分
バッテリーリチウムイオン2次電池リチウムイオン2次電池
バッテリー容量2,500mAh1,900mAh
バッテリー寿命繰り返し充電 約1,000回繰り返し充電 約1,000回
定格電圧DC22.2VDC10.8V
充電時間約4時間
(室温・使用時間などにより充電時間が長くなることがあります。)
約4時間
(室温・使用時間などにより充電時間が長くなることがあります。)
製品寸法 フロアヘッド・延長パイプ含む幅259×奥行275×高さ980mm幅224×奥行235×高さ1035mm
充電スタンド設置時幅275×奥行288×高さ1041mm幅257×奥行232×高さ1092mm
製品質量 本体のみ1.3kg0.9kg
フロアヘッド・延長パイプ・
バッテリー含む
(モップ帯電ケース含まず)
1.9kg1.4kg
充電スタンド1.4kg0.7kg

 

SCD-S1Pはこちら

 

SCD-L1Pはこちら

 

まとめ

SCD-S1PとSCD-L1Pの違いをご紹介しました。

おすすめは新モデルのSCD-S1Pになります。

掃除機は吸引力が強い方が、ストレスなく使用することが出来ます。

新モデルが登場する度、吸引力の性能は向上しているため、購入時は吸引力の強い掃除機の購入がおすすめです。

スティッククリーナーの購入を検討されている方は、アイリスオーヤマの充電式サイクロンスティッククリーナーdaspo(ダスポ)を選択肢の一つに加えてみて下さい。

 

SCD-S1Pはこちら

 

SCD-L1Pはこちら