本ページはプロモーションが含まれています。

JPL-S100とJPL-G100の違いを比較!特長は?タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>

家電

 

2023年7月に新モデルJRX-T100が発売になりました。

良ければこちらもご覧ください。

JRX-T100はこちら

 

 

JPL-S100とJPL-G100の違いをご紹介します。

JPL-S100は2022年7月発売のタイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>になります。

JPL-G100は2021年6月発売の旧モデルになります。

 

今回は

  • JPL-S100とJPL-G100の違い
  • JPL-S100とJPL-G100の特長
  • JPL-S100とJPL-G100のスペック

をお届けします。

 

JPL-S100はこちら

 

JPL-G100はこちら

 

JPL-S100とJPL-G100の違い

連続ノンストップ加熱

JPL-S100には「連続ノンストップ加熱」というのが搭載されています。

意味はそのまま連続で加熱しますということですが、実はすごい技術になります。

お米は強い火力でじっくりと炊くことで旨みと甘みが増します。

しかし、大火力で炊くとどうしても吹きこぼれが発生します。

本当はもっと美味しく炊きたいが、吹きこぼれがある為に理想の炊き方を断念していたということです。

JPL-S100はそれを克服した商品になります。

最高温度280度で炊きあげますが、そのままだと吹きこぼれます。

そこで登場したのが独自開発の新技術「ハリつやポンプ」の進化版。

旧モデルのJPL-G100から搭載された「ハリつやポンプ」ですが、JPL-S100はここからフタ内部に風を送ることで吹きこぼれを解決しています。

結果、薪で炊いたような味を炊飯器で実現し、甘みは約17%、粘りは約3%もアップしています。

 

 

JPL-S100はこちら

 

JPL-G100はこちら

 

自立式抗菌加工しゃもじ

JPL-S100には自立式抗菌加工じゃもじが付属されています。

抗菌の認証は、エスカレーターの手すりやエレベーターのボタン、トイレ製品などで有名なSIAA(抗菌製品技術協議会)が行っており安心です。

大腸菌や黄色ブドウ球菌などの増殖を抑えてくれます。

 

 

JPL-S100とJPL-G100の特長

土鍋ご泡火炊き

内なべは土からできた本土鍋を採用しています。

本物の土を使用することで蓄熱性を高めることが出来ています。

底には遠赤土かまどを組み込んでおり、底から本土鍋にしっかりと熱を伝えて、土鍋ならではの高火力を実現しています。

大火力とやさしい泡立ちでお米の甘み、旨み、弾力を引き出しています。

泡の役割はお米を包んで、お米同士がぶつかり傷つかないようにする為です。

お米を守ることで旨み成分であるデンプンを閉じ込め、もちっとした食感に仕上げています。

 

 

JPL-S100はこちら

 

JPL-G100はこちら

 

丹精仕上げ

段階的に圧力をコントロールすることでお米の甘みを引き出していますが、その役割を担っているのが「多段階圧力機構」と呼ばれる機器になります。

これにより、蒸らし時の釜内温度を維持して、段階的に圧力を変えて甘みを引き出しています。

 

 

もう一つは「間欠呼吸」という技術です。

これはご飯のハリを保ちつつ、お米本来の甘みを引き出す技術になります。

「ハリつやポンプ」から外気を取り込んで、蒸らしの時に発生する熱と蒸気を取り除きます。

これにより水分のコントロールを行い、ご飯のハリと弾力を引き出します。

「間欠呼吸」は蒸らし工程で高温を維持しながら仕上げていく方法になります。

 

 

おひつ保温

本体に搭載されてる温度センサーが湿度を細かくコントロールしています。

木製のおひつは空気と水分を上手にコントロールして、おいしく保温できています。

これをお手本にした保温方法になります。

 

 

一合料亭炊き

お茶わん一膳分の0.5合や炊きこみご飯にも対応しています。

専用の中ぶたで少量でも料亭のようなご飯を楽しむことが出来ます。

 

 

JPL-S100はこちら

 

JPL-G100はこちら

 

JPL-S100とJPL-G100のスペック

モデルJPL-S100JPL-G100
加熱方式土鍋圧力IH+多段階圧力機構土鍋圧力IH+多段階圧力機構
白米の炊飯及び保温米飯容量0.09L~1.0L0.09L~1.0L
最大消費電力1080W1080W
最大炊飯容量1.0L1.0L
サイズ (約)幅 × 奥行 × 高さ29.0×35.1×22.0cm29.0×35.1×22.0cm
本体質量 (約)7.4kg7.4kg
省エネ基準達成率100%100%

 

JPL-S100はこちら

 

JPL-G100はこちら

 

まとめ

JPL-S100とJPL-G100の違いをご紹介しました。

おすすめはJPL-S100になります。

炊飯器のお米の炊き方は年々進化しています。

購入すると数年は買い替えをしない製品なので、お米を美味しく食べたいという方はJPL-S100がおすすめです。

お米の味にそれほどこだわらないという方は旧モデルの選択もアリです。

炊飯器の購入を検討されている方は、タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>を選択肢の一つに加えてみて下さい。

 

JPL-S100はこちら

 

JPL-G100はこちら