本ページはプロモーションが含まれています。

ER-WD70とER-VD70の違いを比較!口コミ評価をレビュー♪東芝簡易スチームオーブンレンジ石窯ドーム

オーブンレンジ

 

ER-WD70とER-VD70の違いをご紹介します。

ER-WD70は2022年1月発売の東芝簡易スチームオーブンレンジ石窯ドームになります。

ER-VD70は2020年8月発売の旧モデルになります。

 

今回は

  • ER-WD70とER-VD70の違い
  • ER-VD70の口コミ評価
  • ER-WD70とER-VD70のスペック
  • ER-WD70とER-VD70の仕様・寸法

をお届けします。

 

ER-WD70はこちら

 

ER-VD70はこちら

 

ER-WD70とER-VD70の違い

デザインの違い

ER-WD70(新モデル)とER-VD70はデザインが変更しています。

 

▼ER-WD70

 

▼ER-VD70

 

操作パネルが横から縦に変更しています。

また新モデルはバックライト付きの液晶画面になっています。

 

ヒーター形状の違い

ER-WD70の新モデルは上部にヒーターが埋め込まれています。

そのため、お手入れは非常にラクになりました。

 

一方、旧モデルのER-VD70は上部にガラス管ヒーターが設置されてます。

 

上部の手入れはER-WD70の新モデルがかなりラクになっています。

 

オーブン・グリルの出力の違い

ER-WD70(新モデル)はオーブン出力・グリル出力ともにアップしてます。

  • ER-WD70 オーブン出力1,350W グリル出力1,100W
  • ER-VD70  オーブン出力1,100W グリル出力800W

 

グリルの名称も「石窯グリル」から「大火力石窯ドームグリル」に変更しています。

出力がアップしたことで一気に加熱するスピードが上がります。

食材のうまみや水分を逃さず、よりおいしく調理することが出来るようになっています。

 

 

ER-WD70はこちら

 

ER-VD70はこちら

 

庫内コーティングの違い

ER-WD70の新モデルは「庫内よごれプロテクト」というコーティングを施しています。

ER-VD70は「遠赤・脱臭ブラックコート」というコーティングになります。

「庫内よごれプロテクト」は撥水・撥油コーティングになり、汚れをはじいてがつきにくく、サッとふき取れる特長があります。

従来よりも汚れが落としやすくなっています。

 

赤外線センサーの違い

ER-WD70の新モデルは赤外線センサーの位置が変更しています。

変更したことで従来よりも食材の表面をしっかりと検知し、おいしくあたためることが出来ています。

▼ER-WD70(新モデル)

 

▼ER-VD70

 

角皿の違い

ER-WD70の新モデルは容器を真っすぐに置くことが出来ます。

従来の角皿は容器が傾く設計になっていました。

▼ER-WD70(新モデル)

 

▼ER-VD70

 

ER-WD70はこちら

 

ER-VD70はこちら

 

レシピ数の違い

ER-WD70の新モデルはメニュー数が123になっています。

ER-VD70のメニュー数は119で4つ増えたことになります。

メニューの項目は「焼き物」「ノンフライ」「蒸し物」「煮物・煮込み」「お手軽メニュー」「パン・ピザ」「スイーツ」に分かれています。

 

庫内サイズの違い

ER-WD70の新モデルとER-VD70は外の大きさは同じですが、庫内は新モデルの方が少し大きくなっています。

外形寸法 幅480mm×奥行390mm×高さ350mm

 

庫内の大きさ

  • ER-WD70(新モデル) 幅384mm×奥行323mm×高さ215mm
  • ER-VD70        幅376mm×奥行320mm×高さ198mm

 

重さと消費電力の違い

ER-WD70の新モデルの方が少し重くなっています。

  • ER-WD70 重さ約17㎏
  • ER-VD70  重さ約14㎏

 

年間の消費電力量は

  • ER-WD70 69.2kWh/年
  • ER-VD70  73.4kWh/年

 

ER-WD70は少し重くなっていますが省エネ設定になっています。

 

ER-WD70はこちら

 

ER-VD70はこちら

 

ER-VD70の口コミ

ER-WD70の口コミは集まり次第に掲載させていただきます。

今回はER-VD70の口コミは集まり次第に掲載させていただきます。

機能で少し違いはありますが、ご購入時の参考にして頂ければと思います。

 

  • 予算と庫内が広く感じた東芝に決めました。大きめのお皿も問題なく使えるし、温めも、今まで使ってたターンテーブルとは天と地の差!
  • 解凍ご飯で主に使うのですが、米が硬くならずに柔らかい(笑)
  • レシピ集のから揚げと、自作のクッキーを焼きましたが綺麗に美味しく出来ました。
  • この価格からしたら十分な機能です。スチームオーブンレンジ。スチームできます。
  • 東芝ブランドは他一流メーカーに比べお安いです。でも中身は東芝の技術が詰まっています。
  • スチーム方式は「角皿式」と呼ばれるトレイに入れた水を加熱沸騰させて水蒸気を発生させ、これを使って「蒸す」スチームオーブンです。

 

ER-WD70はこちら

 

ER-VD70はこちら

 

ER-WD70とER-VD70のスペック

モデルER-WD70ER-VD70
総庫内容量26L(ワイド&フラット庫内)26L(ワイド&フラット庫内)
オーブン温度100〜250℃100〜250℃
加熱方式石窯ドームオーブン(上下ヒーター式)
(上)ドームヒーター
まるごと遠赤(扉部を除く)
石窯ドームオーブン(上下ヒーター式)(上)ガラス管ヒーター庫内4面遠赤(底・奥・左右)
ノンフライ調理
グリル調理大火力石窯ドームグリル石窯グリル
カラッとあたため
ふっくらパン (レンジ加熱併用)
発酵発酵(30・35・40・45℃)発酵(30・35・40・45℃)
レンジ出力(W)1000:最大3分(600)/600・500連続 200相当、100相当1000:最大3分(600)/600・500連続 200相当、100相当
センサー赤外線センサー/温度センサー赤外線センサー/温度センサー
あたため機能(抜粋)ごはん/おかず/お好み温度/のみもの/ゆで野菜/コンビニ弁当ごはん/おかず/お好み温度/のみもの/ゆで野菜/コンビニ弁当
解凍解凍/さしみ解凍/さしみ
スチーム方式角皿式角皿式
スチーム調理角皿スチーム調理角皿スチーム調理
スチームレンジ
総レシピ数(自動メニュー数)123(96)119(94)
便利なあたため機能ふっくらパン(パンあたため)/カラッとあたため(揚げ物のあたため)ふっくらパン(パンあたため)/カラッとあたため(揚げ物のあたため)
時短・お手軽メニュー(抜粋)おつまみ1分/3分・5分・7分メニューおつまみ1分/3分・5分・7分メニュー
トースト(6枚切り2枚) (グリルでの焼き上げ時間)トースト:6分5秒(約4分20秒で裏返し)
冷凍トースト:8分(約5分40秒で裏返し)
トースト:5分45秒(約3分40秒で裏返し)冷凍トースト:8分15秒(約5分40秒で裏返し)
庫内コーティング庫内よごれプロテクト
(扉部、底面を除く)
遠赤・脱臭ブラックコート ( 天井、扉部、底面を除く )
表示バックライト液晶表示(ブラック)液晶表示(バックライトなし)

 

1000Wは短時間高出力機能(最大3分)で通常は600Wになります。

600Wへは自動的に切り換わります。

 

ER-WD70はこちら

 

ER-VD70はこちら

 

ER-WD70とER-VD70の仕様・寸法

モデルER-WD70ER-VD70
専用付属品角皿(鉄板ホーロー・溝付き)39.5×30.5cm 1枚/取扱説明書 兼 料理集/(給水カセット・水受けは本体に装着済み)角皿(鉄板ホーロー)38.8×30cm 1枚/取扱説明書 兼 料理集/(水受けは本体に装着済み)
外形寸法(mm)480(幅)×390(奥行)×350(高さ)480(幅)×390(奥行)×350(高さ)
庫内有効寸法384(幅)×323(奥行)×215(高さ)376(幅)×320(奥行)×198(高さ)
設置寸法背面ピッタリ
*左右3cm以上、上方は10cm以上あけてください。
背面ピッタリ
*左1.5cm以上、右4.5cm以上、上方は10cm以上あけてください。
質量(本体のみ)約17kg約14kg
オーブン・グリル機能
消費電力(W)/ヒーター出力(W)
1350/オーブン1350・グリル11001220/オーブン1150・グリル800
電子レンジ機能 消費電力(W)/高周波出力(W)1430/1000:最大3分(600)1430/1000:最大3分
年間消費電力量69.2kWh/年(レンジ機能54.0kWh/年・オーブン機能15.2kWh/年・待機時0.0kWh/年)
D:オーブンレンジ(ヒーターの露出があるもの以外で、30L未満のもの)
73.4kWh/年(電子レンジ機能58.0kWh/年・オーブン機能15.4kWh/年・待機時0.0kWh/年)B:ヒーターの露出があるもので、30L未満のもの

 

まとめ

ER-WD70とER-VD70の違いをお届けしました。

おすすめは新モデルのER-WD70になります。

機能が進化している項目が多く、火力がアップしているところはおすすめのポイントになります。

スチームオーブンレンジの購入を検討されている方は、東芝のスチームオーブンレンジ石窯ドームを選択肢の一つに加えてみて下さい。

 

ER-WD70はこちら

 

ER-VD70はこちら