本ページはプロモーションが含まれています。

TH-55LW1とTH-55LW1Lの違いを比較!特長は?Panasonic55V型有機ELテレビ

テレビ・レコーダー・オーディオ

 

TH-55LW1とTH-55LW1Lの違いをご紹介します。

TH-55LW1とTH-55LW1Lは2022年11月発売のパナソニックの壁に設置できる「ウォールフィットテレビ」55V型有機ELテレビになります。

 

今回は

  • TH-55LW1とTH-55LW1Lの違い
  • TH-55LW1とTH-55LW1Lの特長
  • TH-55LW1とTH-55LW1Lのスペック

をお届けします。

 

TH-55LW1はこちら

 

TH-55LW1Lはこちら

 

TH-55LW1とTH-55LW1Lの違い

HDDの内蔵有無

TH-55LW1は2TBのハードディスクが内蔵されています。

TH-55LW1Lは別売りのハードディスクでの対応となります・

 

  • TH-55LW1・・・2TBのハードディスクが内蔵
  • TH-55LW1L・・・別売りのハードディスク対応

 

 

TH-55LW1はこちら

 

TH-55LW1Lはこちら

 

TH-55LW1とTH-55LW1Lの特長

スッキリと簡単に壁掛けができる

TH-55LW1とTH-55LW1Lは壁掛けができるテレビになります。

従来の壁掛けテレビは、壁から出ている感がありましたが、TH-55LW1とTH-55LW1Lは壁から画面までわずか3.5cmとほぼ壁と一体に設置することができます。

見た目は非常にスタイリッシュにスッキリとした設置は、有機ELテレビだから実現できたと言えます。

出っ張りの原因にもなっていたスピーカーについては、画面振動スピーカーを採用しており、画面を振動させて音を出しています。

また、壁掛けは大がかりな工事をする必要はなく、専用金具で設置が可能であり、今までと比べると随分と簡単に設置することが出来ます。

 

 

付属の専用金具はピンで固定します。

また、石こうボードの壁でも補強なしに固定が可能となっています。

 

高コントラストな映像

TH-55LW1とTH-55LW1Lは、1画素1画素が発行する自発光ディスプレイの有機ELディスプレイを搭載しています。

自発光することでコントラスト感と精細感な映像美を実現しています。

有機ELディスプレイと液晶ディスプレイの違いは、自発光かバックライトかになります。

液晶のバックライトは後ろから光をあてて映像を映しています。

その為、エリア単位で光を当てるため、色にムラが出てしまいます。

有機ELは1画素ごとが独立して光るため、赤・青・緑などが独立して発光し、リアルな色を実現しています。

 

 

TH-55LW1はこちら

 

TH-55LW1Lはこちら

 

明るさと色を個別に制御

TH-55LW1とTH-55LW1Lは、ビエラ独自のパネル制御「Dot Contrast パネルコントローラー」を搭載しています。

これにより、豊かな色表現と暗い場面での表現力に磨きがかかっており、鮮やかな映像を映し出しています。

 

 

AIが映像を自動で最適化

TH-55LW1とTH-55LW1Lは、シーンに応じて自動的に最適な画質に調整します。

映画の暗いシーンはコントラストを豊かに描き、スポーツシーンは芝生の色まで鮮やかに表現します。

 

 

部屋の明るさに合わせて画質を調整

TH-55LW1とTH-55LW1Lは、高画質化技術を制御して映像を最適な画質に調整します。

搭載されている技術は「ヘキサクロマドライブ プラス」「AI HDRリマスター」「4Kファインリマスターエンジン」

新モデルは部屋の明るさをAIが判断し、部屋の明るさに合わせたコンテンツを自動で最適な画質に調整します。

 

TH-55LW1はこちら

 

TH-55LW1Lはこちら

 

スマートスピーカーと連動可能

TH-55LW1とTH-55LW1Lは、Google アシスタントやAmazon Alexaのスマートスピーカーと連動が出来ます。

電源オンがチャンネル切り換え、音量の調整もリモコン操作なしで、話しかけるだけでOK。

 

 

スマホで録画番組が見れる

「どこでもディーガ」のアプリを使えば、スマホで録画予約や録画番組を視聴することが出来ます。

いつでもどこでもスマホで楽しめます。

また、電源のオンオフ、音量操作も可能。

 

 

4K映像のビデオ・オンデマンドサービスも楽しめる

「Netflix」や「Prime Video」などのVODの4K映像映画やドラマを再生できます。

画質補正を行うことで高画質で楽しめます。

また、「YouTube」の4K動画を見ることもできます。

 

 

TH-55LW1とTH-55LW1Lのスペック

モデルTH-55LW1TH-55LW1L
パネル有機EL有機EL
パネルサイズ55V型55V型
画素数(水平×垂直)3,840×2,1603,840×2,160
スピーカーアクチュエーター:2アクチュエーター:2
実用最大出力(JEITA)20W(10W+10W)20W(10W+10W)
地上デジタル放送3チューナー3チューナー
BSデジタル放送3チューナー3チューナー
110度CSデジタル放送3チューナー3チューナー
BS4K/110度CS4K2チューナー2チューナー
CATVパススルー対応
CATV受信
テレビ番組ガイド新ワイドインテリジェントテレビ番組表(地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル/BS4K/110度CS4K対応)新ワイドインテリジェントテレビ番組表(地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル/BS4K/110度CS4K対応)
VIERA Link対応
無線LAN内蔵
お部屋ジャンプリンク(サーバー/クライアント)○/○○/○
オフタイマー/オンタイマー○/○○/○
内蔵ハードディスク録画対応○(2TB HDD内蔵)
画面寸法幅:1210mm
高さ:680mm
対角:1388mm
幅:1210mm
高さ:680mm
対角:1388mm
外形寸法(モニター)
幅:1227mm
高さ:706mm
奥行:31/27mm(突起部含む/含まず)

(チューナー部)
幅:215mm
高さ:80mm
奥行:225/215mm(突起部含む/含まず)
(モニター)
幅:1227mm
高さ:706mm
奥行:31/27mm(突起部含む/含まず)

(チューナー部)
幅:259mm
高さ:51mm
奥行:177/166mm(突起部含む/含まず)
質量(モニター)約 12.5kg
(チューナー部)約1.8kg
(モニター)約 12.5kg
(チューナー部)約0.9kg
消費電力268W
(待機時消費電力:モニター電源「切」時:約 0.2W/リモコンで電源「切」時:約0.3W)(モニター)
268W
(待機時消費電力:モニター電源「切」時:約 0.2W/リモコンで電源「切」時:約0.3W)(モニター)

 

TH-55LW1はこちら

 

TH-55LW1Lはこちら

 

まとめ

TH-55LW1とTH-55LW1Lの違いをご紹介しました。

おすすめはライフスタイルによって変わりますので、ハードディスク内蔵が良いのか、もっと容量の大きい外付けのハードディスクが良いのかで判断して下さい。

テレビの購入を検討されている方は、パナソニックの壁に設置できる「ウォールフィットテレビ」55V型有機ELテレビを選択肢の一つに加えてみて下さい。

 

TH-55LW1はこちら

 

TH-55LW1Lはこちら