EH-NA0GとEH-NA0Eの違いを比較!口コミ評価をレビュー♪Panasonicヘアードライヤー ナノケア

ドライヤー

 

EH-NA0GとEH-NA0Eの違いをご紹介します。

EH-NA0Gは2021年9月発売のパナソニックヘアドライヤーナノケアになります。

EH-NA0Eは2020年10月発売の旧モデルになります。

 

今回は

  • EH-NA0GとEH-NA0Eの違い
  • EH-NA0Eの口コミ
  • EH-NA0GとEH-NA0Eのスペック

をお届けします。

 

EH-NA0Gはこちら

 

EH-NA0Eはこちら

EH-NA0GとEH-NA0Eの違い

カラーバリエーションの違い

EH-NA0GとEH-NA0Eは販売している色が違います。

  • EH-NA0G・・・ディープネイビー/モイストピンク/ウォームホワイト
  • EH-NA0E・・・ネイビー/グレージュ/コーラルピンク

 

EH-NA0G「ディープネイビー」

 

EH-NA0G「モイストピンク」

 

EH-NA0G「ウォームホワイト」

 

EH-NA0E「ネイビー」

 

EH-NA0E「グレージュ」

 

EH-NA0E「コーラルピンク」

 

乾燥スピードが20%アップ

EH-NA0Gの新モデルは風量が増えて、乾燥スピードが20%アップしています。

風を吸い込んでから吹き出すまでの送風経路を改善することで、勢いを弱めることなく吹き出し口へ送ることが出来ています。

 

ミネラルマイナスイオン発生量が約2倍

EH-NA0Gの新モデルはミネラルマイナスイオン発生量が約2倍になっています。

ミネラルマイナスイオンが増えたことでキューティクルを引き締めて密着性を高める効果があります。

髪のパサつきやダメージの原因は、キューティクルがはがれて髪の水分が流出してしまうことです。

EH-NA0Gは乾かすと同時に髪をダメージから守ってくれます。

また、キューティクルを守ることでヘアカラーのカラー剤が流れるのを防ぐため、髪色が長持ちします。

紫外線からも守ってくれる

キューティクルの密着性を高めると紫外線からのダメージからも守る効果があります。

EH-NA0GはUVケア効果が2倍に高まっています。

 

枝毛の発生を抑える

キューティクルの密着性が高まると、ブラッシングによる摩擦ダメージも抑えてくれます。

使い続けることで指通りがなめらかになり、枝毛を抑制することが出来ます。

 

サイズと重さの違い

EH-NA0GとEH-NA0Eはサイズと重さが少し違います。

<サイズ>

  • EH-NA0G・・・高さ22.4×幅21.6×奥行8.9cm
  • EH-NA0E・・・高さ22.6×幅21.6×奥行9.2cm

<重さ>

  • EH-NA0G・・・約595g(セットノズル含まず)
  • EH-NA0E・・・約580g(セットノズル含まず)

 

EH-NA0Eの口コミ

EH-NA0Gの新モデルの口コミは集まり次第に掲載させていただきます。

今回は旧モデルのEH-NA0Eの口コミをご紹介します。

 

  • 悩みに悩んでの購入です。
    このドライヤーを使ったら朝になっても広がらず夕方になっても大丈夫で一日中まとまっていました。悩んだけれど購入して正解でした。
  • 驚くのは風量の多さで従来よりも7割程度の時間で乾きます。さらに、乾かした後の髪がサラサラになります。
  • 髪のまとまりが違う!剛毛、くせ毛の人生を変えてくれました。もっと早く買えば良かった!ドライヤーだけは、高くてもいいもの使おうと決めました。
  • ドライヤーだけでさらっさらツルツルの髪になります☆値は張るけど効果に元はとれると思います。
  • 髪の毛の傷みが、ひどいので購入しました。
    最初は、使い方に戸惑うかもしれませんが、数日で効果が目に見えて分かります。
    ドライヤーだけでこの効果は、少々驚きました。
  • 自動で温風と冷風を自動で切り替えたりできます。髪がサラサラになります。turboで温風の連続使用は、結構熱いです。

 

EH-NA0Gはこちら

 

EH-NA0Eはこちら

EH-NA0GとEH-NA0Eのスペック

型番EH-NA0GEH-NA0E
温風温度温風モード時:約125℃(ドライ・室温30℃の時)
スカルプモード時:約60℃(室温30℃の時)
ホット時:125℃(ドライ・室温30℃の時)
スカルプモード時:60℃(室温30℃の時)
風量1.5㎥/分(ターボ時)1.3㎥/分(ターボ時)
電源コード長さ約1.7m約1.7m
本体寸法高さ22.4×幅21.6×奥行8.9cm高さ22.6×幅21.6×奥行9.2cm
質量約595g(セットノズル含まず)約580g(セットノズル含まず)
機能高浸透「ナノイー」
ミネラルマイナスイオン
静電気抑制
「ナノイー」イオンチャージPLUS
UVケア/ヘアカラーや白髪染の退色抑制
速乾ノズル(本体内蔵)
セットノズル
高浸透「ナノイー」
ミネラルマイナスイオン
静電気抑制
「ナノイー」イオンチャージPLUS
UVケア
速乾ノズル(本体内蔵)
セットノズル
搭載モード温冷リズムモード
インテリジェント温風モード
スカルプ(地肌)モード
スキンモード
毛先集中ケアモード
温冷リズムモード
インテリジェント温風モード
スカルプ(地肌)モード
スキンモード
毛先集中ケアモード
電源AC100V 50-60HzAC100V 50-60Hz
消費電力1200W1200W

まとめ

EH-NA0GとEH-NA0Eの違いをご紹介しました。

髪のパサつき、乾燥ダメージに悩まれているという人や、髪の量が多い、長いという人は新モデルのEH-NA0Gがおすすめです。

カラーや白髪染めもしておらず、とにかく軽い方が良いという人は旧モデルのEH-NA0Eの選択もありです。

ただ、髪にとってキューティクルの密着性は重要なので、どちらか迷われている場合は新モデルのEH-NA0Gをおすすめします。

ヘアドライヤーの購入を検討されている方は、Panasonicのヘアドライヤーナノケアを選択肢の一つに加えてみて下さい。

 

EH-NA0Gはこちら

 

EH-NA0Eはこちら

タイトルとURLをコピーしました