本ページはプロモーションが含まれています。

NI-FS790とNI-FS780の違いを比較!特長は?Panasonic衣類スチーマー

家電

 

NI-FS790とNI-FS780の違いをご紹介します。

NI-FS790は2023年3月発売のパナソニック衣類スチーマーになります。

NI-FS780は2022年3月発売の旧モデルです。

 

今回は

  • NI-FS790とNI-FS780の違い
  • NI-FS790とNI-FS780の特長
  • NI-FS790とNI-FS780のスペック

をお届けします。

 

NI-FS790はこちら

 

NI-FS780はこちら

 

NI-FS790とNI-FS780の違い

スチーム量の違い

NI-FS790の新モデルはスチーム量が約36%アップしています。

スチーム量がアップしたことで、シワやニオイを素早く取ることができます。

 

  • NI-FS790・・・平均約15g/分
  • NI-FS780・・・平均約11g/分

 

 

連続使用時間の違い

NI-FS790の新モデルは、スチーム量がアップした分、連続使用時間は短くなっています。

 

  • NI-FS790・・・連続使用時間約7分
  • NI-FS780・・・連続使用時間約10分

 

タンクの容量は共に115mLと同じであるため、スチーム量がアップした分、連続使用時間に差が出ています。

 

瞬間4倍パワフルスチーム機能の違い

NI-FS790の新モデルには、瞬間4倍パワフルスチームの搭載がなくなっています。

これは瞬間的にスチームの量を4倍噴射する機能で、頑固なシワやニオイを取るのに便利な機能として搭載されていました。

NI-FS790の新モデルで搭載を止めたということは、瞬間的な機能であまりニーズがなかったため、スチーム量をアップさせたと思われます。

 

 

NI-FS790はこちら

 

NI-FS780はこちら

 

NI-FS790とNI-FS780の特長

360°パワフルスチーム

上向き・横向き・下向き、どんな向きでも使用が可能です。

スチームもしっかりと出してくれるので、丈の長い衣類でもラクに行うことができます。

 

 

使いやすい低重心設計

重さは約690gと軽量でコンパクトな作りになっています。

使いやすさを追求しており、手のひら感覚で使える低重心設計になっています。

高さを抑えて重心を下げることで、腕への負担を軽減しています。

 

 

NI-FS790はこちら

 

NI-FS780はこちら

 

すぐに使える

電源を入れてから約19秒で使用可能になります。

急に使用したい時には非常に助かる立ち上がり時間です。

また、電源を切り忘れた場合の「自動ヒーターオフ機能」も搭載していますので、万が一切り忘れがあっても安心できる設計になっています。

 

 

脱臭・除菌

スチームにはシワを取るだけではなく、脱臭と除菌の効果があります。

効果があるのは、

生乾き臭・ペット臭・タバコ臭・汗の臭い・飲食臭・加齢臭・防虫剤臭

になります。

あまり洗濯ができない衣類でも、スチームをすることでニオイをしっかりと脱臭してくれます。

 

 

3段階の温度設定

NI-FS790とNI-FS780は3段階の温度調節が可能になっています。

高温(HIGH)、中温(MED)、低温(LOW)

綿や麻は高温、ポリエステルは中温、シルクなどは低温と衣類を傷つかないように設定ができます。

 

 

NI-FS790はこちら

 

NI-FS780はこちら

 

NI-FS790とNI-FS780のスペック

モデルNI-FS790NI-FS780
消費電力950W950W
外形寸法
本体
約 幅8×高さ13×長さ16.5cm約 幅8×高さ13×長さ16.5cm
収納時約 幅9×高さ15×長さ17.5cm約 幅9×高さ15×長さ17.5cm
質量
本体
約690g(スタンド含まず)約690g(スタンド含まず)
収納時約765g(スタンド:75g込み)約765g(スタンド:75g込み)
電源コードの長さ約2.5ⅿ約2.5ⅿ
ベース種類フラットベースフラットベース
スチーム穴の数6穴6穴
温度HIGH:約160℃
MED: 約140℃
LOW: 約110℃
高温:ドライ 約160℃/スチーム 約190℃
中温:ドライ 約140℃/スチーム 約155℃
低温:ドライ 約110℃
立ち上がり時間約19秒約19秒
スチーム連続パワフル&ワイドスチーム
360°パワフルスチーム
連続パワフル&ワイドスチーム
360°スチーム
瞬間4倍パワフルスチーム
スチーム噴出し時間連続約7分連続約10分
スチーム量平均約15g/分平均約11g/分
注水量約115mL約115mL
自動ヒーターオフ
付属品スタンド, 専用カップスタンド, 専用カップ

 

NI-FS790はこちら

 

NI-FS780はこちら

 

まとめ

NI-FS790とNI-FS780の違いをご紹介しました。

おすすめはNI-FS790の新モデルになります。

スチーム量がアップしたのはメリットですね。

NI-FS780の旧モデルには瞬間4倍パワフルスチーム機能がありますが、瞬間的な機能のため常にスチームが多いNI-FS790の新モデルの方が利便性が高いです。

衣類スチーマーの購入を検討されている方は、パナソニックの衣類スチーマーを選択肢の一つに加えてみて下さい。

 

NI-FS790はこちら

 

NI-FS780はこちら