本ページはプロモーションが含まれています。

NI-FS580とNI-FS570の違いを比較!共通の特長は?スペックは?Panasonic衣類スチーマー

家電

 

NI-FS580とNI-FS570の違いをご紹介します。

NI-FS580は2022年3月発売のPanasonic衣類スチーマーになります。

NI-FS570は2021年5月に発売の旧モデルになります。

 

今回は

  • NI-FS580とNI-FS570の違い
  • NI-FS580とNI-FS570の特長
  • NI-FS580とNI-FS570のスペック

をお届けします。

 

NI-FS580はこちら

 

NI-FS570はこちら

 

NI-FS580とNI-FS570の違い

約10グラム軽くなった

NI-FS580はタンクの容量はそのままで約10グラム軽くなっています。

設計はNI-FS570と同じく低重心設計で、高さを抑えて使いやすいデザインですが、さらに設計を見直したことで軽量化を実現しています。

 

 

  • NI-FS580(新モデル)・・・タンク容量:約50mL 重さ:約680グラム
  • NI-FS570(旧モデル)・・・タンク容量:約50mL 重さ:約690グラム

 

抗菌ハンドルを採用

NI-FS780には抗菌ハンドルを採用しています。

よく触れるハンドルの清潔性に配慮されています。

 

 

  • NI-FS580・・・抗菌ハンドルあり
  • NI-FS570・・・抗菌ハンドルなし

 

大きな違いはこの2点になります。

 

NI-FS580はこちら

 

NI-FS570はこちら

 

 

NI-FS580はこちら

 

NI-FS570はこちら

 

NI-FS580とNI-FS570の特長

アイロン台なしでシワ伸ばし

 

アイロン台なしでシワ伸ばしについてはこちら

 

360°自由にスチーム可能

 

360°自由にスチーム可能についてはこちら

 

連続スチーム時間は約4分

タンクの容量は50mLと少し小さめになります。

その為、連続スチーム運転は約4分と短めです。

何枚か続けてアイロンをかけることが希望の方は、タンク容量が大きめのNI-FS780がおすすめです。

 

 

NI-FS780はこちら

 

帰宅後にスーツやコートを手軽に脱臭

 

帰宅時にスーツやコートを手軽に脱臭についてはこちら

 

連続パワフルスチームと瞬間パワフルスチーム
  • 連続パワフルスチーム・・・スチームボタンを押している間、水がなくなるまで一定量のスチームが出続けます。

 

  • 瞬間パワフルスチーム・・・がんこなシワやニオイに効果的です。スチーム量が通常の3倍になります。

 

 

立ち上がり時間は約19秒

約19秒という早さで立ち上がるため、慌ただしい時にも便利です。

 

プレス仕上げも可能

 

プレス仕上げについてはこちら

 

NI-FS580はこちら

 

NI-FS570はこちら

 

NI-FS580とNI-FS570のスペック

モデルNI-FS580NI-FS570
消費電力950W950W
外形寸法
本体
約 幅7×高さ15×長さ15cm約 幅7×高さ15×長さ15cm
収納時約 幅9×高さ16.5×長さ17cm約 幅9×高さ16.5×長さ17cm
質量
本体
約680g(スタンド含まず)約690g(スタンド含まず)
収納時約745g(スタンド:65g込み)約755g(スタンド:65g込み)
電源コードの長さ約2.5ⅿ約2.5ⅿ
アイロン面
ベース種類
フラットベースフラットベース
スチーム穴の数6穴6穴
温度ドライ(約160℃)/スチーム(約190℃)ドライ(約160℃)/スチーム(約190℃)
立ち上がり時間約19秒約19秒
スチーム連続パワフル&ワイドスチーム
360°スチーム
瞬間3倍パワフルスチーム
連続パワフル&ワイドスチーム
360°スチーム
瞬間3倍パワフルスチーム
スチーム噴出し時間連続約4分連続約4分
スチーム量平均約11g/分平均約11g/分
注水量約50mL約50mL
自動ヒーターオフ

 

NI-FS580はこちら

 

NI-FS570はこちら

 

まとめ

NI-FS580とNI-FS570の違いをご紹介しました。

おすすめはNI-FS580になります。

常に持っている物なので軽さは重要なポイントです。

また、スチームをたくさん使いたい人にはNI-FS780のタンク容量の大きいタイプもおすすめです。

 

NI-FS780はこちら

 

衣類スチーマーの購入を検討されている方は、パナソニックの衣類スチーマーを選択肢の一つに加えてみて下さい。

 

NI-FS580はこちら

 

NI-FS570はこちら