ES-W114とES-W113の違いを比較!口コミ評価をレビュー♪SHARPドラム式洗濯乾燥機

家電

 

ES-W114とES-W113の違いをご紹介します。

ES-W114は2021年9月に発売したシャープドラム式洗濯乾燥機の新モデルになります。

ES-W113は2020年9月の旧モデルです。

 

今回は

  • ES-W114とES-W113の違い
  • ES-W113の口コミ
  • ES-W114とES-W113の特長

をお届けします。

 

ES-W114はこちら

 

ES-W113はこちら

 

ES-W114とES-W113の違い

ハイブリッド乾燥NEXTを新搭載

ES-W114の新モデルには「ハイブリッド乾燥NEXT」が搭載されています。

今までとの違いは、湿度センサーを搭載してAI制御を行うことで、衣類の布質に合わせた乾燥運転を実現しています。

フード付きのパーカーやズボンのポケットなど厚手でも乾燥のムラを抑えることが出来ます。

旧モデルとの違いはこの乾燥技術になります。

 

  • ES-W114・・・ハイブリッド乾燥NEXTあり
  • ES-W113・・・ハイブリッド乾燥NEXTなし

 

ES-W113の口コミ

ES-W114の新モデルの口コミは集まり次第に掲載させていただきます。

今回は旧モデルのES-W113の口コミをご紹介します。

ハイブリッド乾燥NEXT以外に違いはありませんので、購入検討時の参考にして頂けると思います。

 

  • 最上位機種の色はシルバーしかありません。
    オプションのところで、カラー:ブラウンを選ぶと自動的に一個下のモデルになってしまうので注意してください。乾燥方式が違います。
  • 液晶がドア一体式でとてもオシャレでカッコいい。
  • 最上位機種なのに比較的小型。他のメーカーだと最上位機種では洗濯12kgとかになってしまうのに11kgで最上位なのは嬉しい。
  • 乾燥機能がとてもいい。ハイブリット乾燥最高です!静かで早いです。シャープのこの機種は静かなのでナイトモードがそもそも無いそうです。使ってみて確かに静かでした。
  • 排水溝から匂いが上がってきて洗濯機の中が臭くなったり乾燥した衣類が臭くなった事があるのですが、この洗濯機には洗濯機内部に排水の逆流弁が付いているそうなので安心です。今まで数回使っていますが今のところ全く臭いは上がって来ていません。(洗濯機本体の内部に排水の逆流弁が付いているもの自体があまり無いそうです)
  • COCORO WASHのアプリを使えば洗剤の種類も登録できます。ちゃんとその洗剤に適した量を勝手に投入してくれるので最高。
  • エラー内容を喋ってくれたのでいちいち説明書で調べないでもすぐに対処出来たので非常に便利でした。
  • 乾燥が終わったあとにフィードバックしてAIに学習させられるので、自分好みの乾燥が出来るところがいいです。
  • デザイン性も他社製品にないオリジナリティ溢れるもので、置くだけで部屋が締まります。
  • リネンのシーツを使用しているので、ドラム式で洗うと、ホームクリーニングモードであってもシワが目立ってしまうことが多かったのですが、こちらのモデルだとシワがほとんど目立たず、ふわっとした仕上がりで出てきたのでアイロンいらずだな……と驚きました。
  • とにかく静か。フィルタ掃除楽すぎ
  • シワが気になるものは別乾燥で。乾燥に関しては感動しか覚えないです。
  • 買ってよかったズボラ向け洗濯機。オススメです。

 

ES-W114はこちら

 

ES-W113はこちら

 

ES-W114とES-W113の特長

液体洗剤・柔軟剤の自動投入

ボタンを押すだけで洗濯がスタート

洗剤の銘柄をアプリで登録し、液体洗剤と柔軟剤をタンクに入れておけばボタンを押すだけで洗濯してくれます。

粉末洗剤や漂白剤、おしゃれ着洗剤は手動投入口から使用ができます。

 

洗剤の銘柄登録は簡単設定

洗剤の銘柄登録は難しくありません。

あらかじめ表示されているので選ぶだけです。

最適な量を教えてくれるので無駄使いすることもなく経済的ですし、衣類へのダメージも軽減します。

 

自動投入による4つのメリット

※2 同じ洗剤、柔軟剤の使用で1日2回洗濯を行った場合の目安です。 使用状況でお手入れの頻度は異なります。

 

洗剤が少なくなったらオンラインで購入

洗剤の残りが少なくなったら、洗濯機の音声またはスマホにお知らせしてくれます。

「COCORO HOME」のアプリでは家電量販店のECサイトやAmazonでオンライン購入が可能です。

2021年6月時点で購入できるサイトは以下になります。

  • エディオンネットショップ
  • コジマネット
  • Joshin webショップ
  • ソフマップ・ドットコム
  • ビックカメラ.com
  • ヤマダウェブコム
  • ヨドバシ・ドット・コム

  

 

Amazonは自動で再注文も可能です。

手入れは簡単、時期はスマホにお知らせ

使用頻度によって異なりますが、6ヶ月に1回が目安です。

お手入れの時期になるとスマホにお知らせしてくれます。

お手入れの方法は簡単です。

 

①が洗剤を投入する経路になります。

洗濯するたびに水が流れますので洗剤詰まりは起こりにくくなっていますが、6ヶ月に1回程度は手入れが必要です。

といっても、自動投入タンクに水を入れて洗浄モードでスタートを押すだけです。

②は流量計で、ここで最適な液体洗剤と柔軟剤を計量しています。

適量の洗剤や柔軟剤は通水量から計算されますので、半年に1回の手入れをおすすめします。

 

マイクロ高圧洗浄

衣類にやさしく繊維の奥までしっかり汚れを落とす

高圧シャワーノズルから毎秒100万個以上の微細な水滴を衣類に噴射します。

微細であるため衣類の繊維の奥まで入り込み汚れを落としてくれます。

また、微細の利点として布地の目を広げずに洗うので衣類を傷めにくくなります。

 

マイクロ高圧洗浄おすすめ5つのコース

温水極め洗いコース

洗濯容量が4㎏以下になりますが、衣類の温度を35℃前後にして洗剤の酵素パワーを活性化する仕組みです。

活性化により襟汚れや黄ばみ、ドロ汚れなど落ちにくい汚れに効果的です。

 

サッと予洗いコース

洗濯容量2㎏以下になりますが、約5分で汚れを落としてくれます。

秘密はマイクロ高圧洗浄。

微細な水滴が繊維の奥の汚れを落としてくれ、洗剤も不要なのでサッと洗いたい時に便利です。

 

ホームクリーニングコース

こちらも洗濯容量は2㎏以下になりますが、ファンデーションなどの落ちにくい汚れを落としてくれるコースです。

マイクロ高圧洗浄とドラムの動きで衣類を傷みにくく洗うので、芯材が入っていない手洗い表示のある洗濯物などに便利です。

 

時短コース

洗濯容量11㎏以下に対応です。

軽い汚れの衣類などを約10分で洗濯します。

すすぎも1回なので経済的です。

香りプラスコース

洗濯容量2㎏以下になりますが、すすぎの時に衣類をほぐしてから柔軟剤を投入するコースです。

衣類をほぐすことで柔軟剤が全体的にコーティングされて効果を高めてくれます。

こちらはP&G社との共同開発になります。

 

ハイブリッド乾燥

ハイブリッド乾燥とは、水を使わずに低温で乾燥するヒートポンプ乾燥と、カラッと仕上げるサポートヒーターの技術になります。

温度センサーと湿度センサーで乾き具合を感知して乾燥させることで省エネを実現しています。

新モデルのES-W114はこれにAI制御による乾燥が加わります。

 

ぽかぽかおひさま乾燥

ハイブリッド乾燥によってふんわりとした仕上がりとなり、利用者の96%の女性が乾燥の心地よさを評価しています。

 

シワ抑え乾燥コース

容量1㎏以下に使えるコースですが、約50℃の大風量の温風を衣類にあててシワを伸ばしながら乾燥してくれます。

シワになりやすい綿のシャツやカッターシャツにおすすめです。

 

プラズマクラスターで除菌・消臭

乾燥時にはプラズマクラスターを出して衣類を除菌、消臭してくれます。

また、ドラムのカビ菌を抑える「槽クリーンコース」もあるので、洗濯槽も清潔に使うことができます。

水洗いできないものは「除菌・消臭コース」

スーツや制服など水洗いができないものは「除菌・消臭コース」で清潔を保つことができます。

靴やぬいぐるみなどにもおすすめです。

 

便利なクラウドサービス「COCORO WASH」

洗濯機には無線LANが搭載されているのでスマホで操作ができます。

AIと連携しており、アプリで洗濯の仕上がりを評価することで好みを学習し、最適な仕上がりに近づけてくれます。

 

運転状況や終了時刻を知らせてくれる

「洗濯が終わったかな」と見に行かなくても、運転状況や終了時刻をスマホで確認出来ます。

帰宅時間に合わせて予約ができる

あらかじめ予約していた洗濯時間を変更することが出来ます。

予定より早く帰れる時などは外出先から時間変更が可能なので便利です。

 

天候に合わせて洗濯方法を提案してくれる

その日の天気に合わせた洗濯方法を教えてくれます。

例えば雨が降りそうな時は乾燥運転をおすすめしてくれるので、洗濯物を雨で濡らすことがありません。

 

省エネで静かな設計

センサーが7つ搭載されており、電気や水のムダを省いた最適な運転をしてくれます。

 

DDインバーターを搭載しており、高速回転時でも運転音を抑える静かな設計になっています。

40dBまでは「静か」の分類となるので、乾燥でもかなり静かです。

 

1回の洗濯にかかるコスト
 洗濯〜脱水 11kg洗濯〜乾燥 6kg
標準使用水量(約)75L52L
目安時間(約)35分155分
消費電力量(約)75Wh600Wh
1回のお洗濯に
かかるコスト
水道
19.7円13.6円
1回のお洗濯に
かかるコスト
洗剤
11.2円8.4円
1回のお洗濯に
かかるコスト
電気
2.0円16.2円

まとめ

ES-W114とES-W113の違いをご紹介しました。

乾燥を重視したい方は「ハイブリッド乾燥NEXT」が搭載されている新モデルのES-W114がおすすめです。

ただハイブリッド乾燥は素晴らしい技術なので、旧モデルのES-W113でも十分です。

洗濯機のご購入を検討されている方は、シャープのドラム式洗濯乾燥機を選択肢の一つに加えてみて下さい。

 

▼ES-W114はこちら

 

ES-W113はこちら

タイトルとURLをコピーしました