本ページはプロモーションが含まれています。

TW-127XH2LとTW-127XH1Lの違いを比較!特長は?東芝ドラム式洗濯乾燥機

家電

 

TW-127XH2LとTW-127XH1Lの違いをご紹介します。

TW-127XH2Lは2022年9月発売の東芝ドラム式洗濯乾燥機になります。

TW-127XH1Lは2021年9月発売の旧モデルになります。

 

今回は

  • TW-127XH2LとTW-127XH1Lの違い
  • TW127XH2LとTW127XH1Lの特長
  • TW127XH2LとTW127XH1Lのスペック

をお届けします。

 

TW-127XH2Lはこちら

 

TW-127XH1Lはこちら

 

TW127XH2LとTW127XH1Lの違い

洗濯・乾燥のスピード

TW127XH2Lの新モデルは洗濯から乾燥までのスピードが速くなっています。

 

◆TW127XH2L

  • 洗濯・・・約35分
  • 洗濯~乾燥・・・約96分
  • 洗濯~乾燥(乾燥省エネ)・・・約205分

 

◆TW127XH1L

  • 洗濯・・・約35分
  • 洗濯~乾燥・・・約108分
  • 洗濯~乾燥(乾燥省エネ)・・・約200分

 

通常の洗濯~乾燥なら約12分の短縮されています。

 

温水洗浄

TW127XH2Lは「温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」が搭載されています。

温水により洗剤の効果を高めて除菌と洗浄を行います。

温水の温度設定は5種類になります。

 

①約60℃

洗濯容量は3㎏まで対応です。

抗菌しながら洗うので肌着やマスクなどにおススメです。

色柄のものやプリントのもの、シワがつきやすい衣類、ゴム素材が使われている衣類は洗濯できませんのでご注意下さい。

 

②約50℃

洗濯容量は5㎏まで対応です。

食べこぼしの汚れなど、油汚れや牛乳をこぼした衣類を洗うのにおススメです。

牛脂や食油は約50℃で溶け出すので、温水で繊維の奥までしみ込んだ油汚れなどをしっかりと落としてくれます。

 

③約40℃

洗濯容量は3㎏まで対応。

枕カバーの黄ばみなど、つけおき洗いにおススメです。

約40℃で保温してウルトラファインバブルの洗浄液につけることで、スッキリと落としてくれます。

 

④約30℃

洗濯容量は1.5㎏まで対応。

おしゃれ着などの洗濯におススメです。

約30℃で洗うことで繊維の奥まで洗浄液が行きわたり、傷みを抑えながら汚れをしっかりと落としてくれます。

衣類によっては洗えないものもあります。必ず表示を確認するようにして下さい。

また、洗剤はおしゃれ着洗剤の中性洗剤を使うようにして下さい。

 

⑤約15℃

こちらは寒い冬など水が冷たい時におススメです。

 

TW-127XH2Lはこちら

 

TW-127XH1Lはこちら

 

UV除菌

TW127XH2Lの新モデルのはUV除菌の洗濯・乾燥機能が搭載されています。

「UV除菌洗乾コース」は洗濯前と後でUVを照射して、乾燥時の温風で除菌をします。

 

 

また、「UV温風除菌コース」はスーツやぬいぐるみ、帽子など水洗いができないものをUV照射と温風によって除菌します。

 

 

ダニケアコース

TW127XH2Lの新モデルには「ダニケアコース」が搭載されています。

これは洗濯前にUVを照射して温風加熱を行います。

そして、洗濯でダニのアレル物質と呼ばれるフンや死がいを洗い流してくれます。

ダニが気になる季節や、繁殖しやすい毛布などにおススメです。

 

 

TW-127XH2Lはこちら

 

TW-127XH1Lはこちら

 

花粉コース

TW127XH2Lの新モデルには「花粉コース」が搭載されています。

これはドラムの送風と回転で、衣類に付いた花粉を落としてくれます。

そして落とした花粉は水フィルターを通じて外へ排出します。

花粉の季節にうっかり外に干してしまった、という場合にも使えます。

 

 

香るおしゃれ着コース

TW127XH2Lの新モデルには「香るおしゃれ着コース」が搭載されています。

こちらはすすぎの時に柔軟剤を自動で投入し、衣類に馴染んだところに追加投入することによって香りの成分を浸透させます。

 

 

TW-127XH2Lはこちら

 

TW-127XH1Lはこちら

 

液体洗剤・柔軟剤を自動投入

洗濯物に適した量を自動で投入してくれます。

はかる手間が省けて、使いすぎを防いでくれます。

自動投入の量は好みに合わせて「標準」「多め」「少なめ」から選ぶことが出来ます。

また、洗剤が少なくなるとお知らせしてくれるので、せっかく洗濯したのに洗剤が入っていないということを防いでくれます。

 

タンクの間口は大きい設計で、独自のパッキンのフタが採用されており蒸発を防いでいます。

 

 

TW127XH2LとTW127XH1Lの特長

抗菌ウルトラファインバブル洗浄W

ウルトラファインバブルと言うのはその名の通り「泡」になりますが、その大きさはナノサイズの肉眼では確認できない大きさです。

この小さいナノサイズの泡が洗浄効果を高める働きがあり、繊維のすき間に入って汚れを落としてくれます。

この技術は世界的に認められており、野菜の洗浄や壁・トイレの洗浄にも応用されています。

 

「ウルトラファインバブル洗浄W」はウルトラファインバブルと洗剤を混ぜ合わして、洗浄効果をさらに高めるので「W」となります。

 

仕組みはウルトラファインバブルが洗剤成分に吸着

 

 

洗剤成分を吸着したウルトラファインバブルが繊維の奥まで入り込む

 

 

ウルトラファインバブルが破裂の衝撃で汚れを浮かし、洗浄成分がはがし取る

 

 

となります。

また、洗濯機にはAg+抗菌水ユニットが搭載されています。

 

 

Ag+抗菌水ユニットは約10年間は交換不要になります。

ウルトラファインバブル水がAg+抗菌ユニットを通過すると、内蔵されているAg+抗菌ビーズより溶け出した抗菌成分が、ウルトラファインバブルと一緒に繊維のすき間に入り込み抗菌してくれます。

これが「抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」です。

抗菌によって衣類の黄ばみも抑えてくれるので、1年使用するとワイシャツのえり元の汚れがかなり違ってきます。

 

 

TW-127XH2Lはこちら

 

TW-127XH1Lはこちら

 

ウルトラファインバブルすすぎ

すすぎもウルトラファインバブルを使用しています。

すすぎ時はウルトラファインバブルの小さい泡が、繊維の奥の洗剤を洗い流してくれます。

 

 

ウルトラファインバブルは繊維の奥に入り込むので、柔軟剤を奥まで届けて効果を高めるという働きもあり、柔らかさや香りがアップします。

 

 

低振動・低騒音設計

音を抑えるのにS-DDモーターというのを搭載しています。

これは東芝の特許技術で、騒音のもとになるギアベルトを無くしたダイレクトドライブ方式という方法を使っています。

プラス、振動吸収クッションをサスペンションに採用することで振動を抑えています。

 

 

音の大きさは

洗濯時・・・約32dB

脱水時・・・約37dB

乾燥時・・・約48dB(旧モデルのTW127XH1Lは約49dB)

 

目安として、ささやき声で30dB、図書館で40dB、事務所内で50dBと言われてますので、かなり静かな設計になっています。

 

TW-127XH2Lはこちら

 

TW-127XH1Lはこちら

 

TW127XH2LとTW127XH1Lのスペック

モデルTW127XH2LTW127XH1L
洗浄機能抗菌ウルトラファインバブル洗浄W
温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄W
Ag+抗菌水
抗菌ウルトラファインバブル洗浄W
Ag+抗菌水
乾燥機能ヒートポンプ除湿乾燥[冷媒:R134a]
消臭コース
乾燥ダクト自動お手入れ・熱交換器自動洗浄
乾燥フィルターラクラクお手入れ
ヒートポンプ除湿乾燥[冷媒:R134a]
除菌※1乾燥モード
除菌消臭※2※3コース
乾燥ダクト自動お手入れ
乾燥フィルターラクラクお手入れ
低騒音技術振動吸収クッション(高減衰ゴム)
S-DDモーター(インバーター制御)
振動吸収クッション(高減衰ゴム)
S-DDモーター(インバーター制御)
清潔機能UV除菌洗乾コース/UV温風除菌コース
NEW 花粉コース
NEW ダニケアコース
自動槽乾燥 カビプロテクト(★槽クリーンもあります)
自動おそうじ機能(自動お掃除モードあり)
自動槽乾燥 カビプロテクト(★槽クリーンもあります)
自動おそうじ機能(自動お掃除モードあり)
節電・節水ecoモードecoモード
使いやすさ液体洗剤・柔軟剤 自動投入
NEW 香るおしゃれ着コース
LED表示
槽内LED照明
液晶パネル
予約機能1~24時間後設定1~24時間後設定
運転音洗い 約32dB / 脱水 約37dB / 乾燥 約48dB
(乾燥省エネ 約42dB)
洗い 約32dB / 脱水 約37dB / 乾燥 約49dB
(乾燥省エネ 約42dB)
目安時間洗濯時 約35分 / 洗濯~乾燥時 約96分 / 洗濯~乾燥時(乾燥省エネ) 約205分洗濯時 約35分
洗濯~乾燥時 約108分
洗濯~乾燥時(乾燥省エネ) 約200分
標準水位標準水量 40L標準水量 40L
標準使用水量洗濯時 約80L / 洗濯~乾燥時 約61L洗濯時 約80L / 洗濯~乾燥時 約61L
消費電力(50/60Hz)洗濯時135W(電動機)/ 1000W(湯沸かし用電熱装置)
最大消費電力 1190W
乾燥時 1190W
洗濯時 130W / 乾燥時 1100W
消費電力量洗濯時 約70Wh / 洗濯~乾燥時 約1330Wh / 洗濯~乾燥時(乾燥省エネ) 約730Wh洗濯時 約70Wh / 洗濯~乾燥時 約1150Wh
洗濯~乾燥時(乾燥省エネ)約710Wh
ボディ幅600mm600mm
総外形寸法/質量
(幅×奥行×高さ)
●給・排水ホースを含む
645×722×1060mm / 約89kg645×750×1060mm
約87kg
排水ホース左・右・真下(3方向)左・右・真下(3方向)
設置可能防水パン奥行内寸520mm以上奥行内寸520mm以上

 

TW-127XH2Lはこちら

 

TW-127XH1Lはこちら

 

まとめ

TW127XH2LとTW127XH1Lの違いをご紹介しました。

おススメは新モデルのTW127XH2Lになります。

ウルトラファインバブルの洗浄能力はすでに評価されているものですが、そこに温水による洗浄と除菌機能が搭載されたのは大きいと感じます。

頻繁に買い替えるものではないので、もし迷うなら新モデルがおススメです。

ドラム式洗濯機の購入を検討されている方は、東芝ドラム式洗濯乾燥機を選択肢の一つに加えてみて下さい。

 

TW-127XH2Lはこちら

 

TW-127XH1Lはこちら